2015-12-08 17.02.51

おはようございます!

『ラーメン店開業 新のれん分けプロジェクト』の矢田です。

 

今週は仙台でのラーメン店オープンです。

いまオーナーさんたちも最終準備で大忙しです。

 

新のれん分けプロジェクトでは、

44店舗目のラーメン店開業。

仙台は2店舗目のラーメン店開業になります。

 

仙台1店舗目のラーメン店の名前はなんと、

 

 

『肉い一郎』(にくいいちろう)

 

 

スゴイ店名です(^^;

一度聞いたら気になりますよね。

 

そして、気になるから、

学校や会社や家で話してしまいます。

 

 

「知ってる?! 肉い何とかって言うラーメン屋!」

 

「なにそれ?どんな店なの?」

 

「野菜とか麺とかが大盛りで凄いらしいよ。で、学割もあるんだって!」

 

「マジで!今日の帰り行こうよ!」

 

と、

そんな会話があったのかどうか分かりませんが…、

店名によるクチコミが起きたのは間違いないです。

 

なぜなら、チラシなどの告知はほとんどやらなかったのに、

昨年12月のオープンは大行列!

(行列がスゴすぎて急遽20時に閉店したほどです…)

 

寒空の中、待った方は1時間以上も並んで頂いていました(^^;

 

それほどの行列は、

クチコミがなければ生まれません。

 

店名・味・コンセプトや立地など、ラーメン店の成功には

いくつもの要素があります。

 

それらを複合的に構築することで、ラーメン店は認知され、

クチコミが起き、リピートにつながり、繁盛し続ける。

そういう図式が完成するのです!

 

 

現に、その「肉い一郎」は今でも地域一番の行列店のラーメン店です。

 

あまりにも流行っているので、

最近では、隣に中華料理屋・斜め前にはどんぶり専門店など

競合が進出してきているようです。ラーメン店も来るそうです。

 

「あんな3等立地でラーメン屋が流行るなら、ウチもやろう!」

 

って具合で出店してきているのだと思います。

 

 

この状況をまじかに見て、

さぞかし、「肉い一郎」のオーナーさんもヒヤヒヤしているのでは!

と思いましたが、

 

「まあ、ウチの店ができたことで、何もなかったこの町にお店が増えて、少しでも地域貢献が出来たなら嬉しいですよ~。」

 

と、飄々とおっしゃっていました。

 

自分の利益だけでなく、町のこともしっかり考え経営してゆく姿勢に

感動すら覚えました。

こんなオーナーさん尊敬しちゃいますね!

 

 

さて、今週オープンの仙台ラーメン店2店舗目のお店。

オープンの詳細はまたメルマガで報告しますが、

 

その店名は、

 

 

「ガッツリラーメン暁 仙台」!!

 

 

店名を聞いただけで、

どんなラーメンで、

どんなラーメン店なのか想像できますよね。

 

 

「こんなラーメン店の名前なら」

「きっとこんなラーメンなんだろうな?」

「そんなラーメン食べたいな~!」

「じゃあそのラーメン店に行ってみようか!!」

 

 

と、お客さんの頭の中をスムースにつなげることで、

来店にも繋がりやすくなるんです。

 

 

私もオープン日にはサポートに行きますが、結果が非常に楽しみです。

 

お近くの方は是非ともいらっしゃって下さい。

で、私を見かけたら是非ともお声をかけてくださいね。

楽しみに待っています!

 

 

【ガッツリラーメン暁】

仙台市太白区柳生5-1-1

022-306-1075

 

ramen-melma-bana670