飲食店開業『補助金』の申請がはじまります!

 こんにちは。

【繁盛飲食店開業プロジェクト】の矢田です。

「東京都で飲食店を開業する」人向けの、
東京都主催の『補助金』がスタートします!

なんと今回、その補助金総額が『580万円』!
申請が採択されれば、もちろん、その580万円は返済の必要なし。

そしてなんと今回は、
2年間の飲食店店舗ぼ家賃も補助の中に含まれているのです(家賃の2/3上限)。

ラーメン店開業から、カフェ、イタリアン、ハンバーガー、
ベーカリー、バーの開業など、

飲食店をはじめて開業する人の
開業資金が対象になっています。

補助金の内容的には、飲食店の外装・店舗の内装の費用、
什器備品の費用、お店の広告宣伝費などが含まれ、

更に、今回は飲食店舗の家賃も対象で、
家賃の2/3を補助金で受け取れることも出来るのです。

その補助金の申請の説明会をこのゴールデンウィークに行います。

『少ないリスクで繁盛飲食店を開業する方法』説明会

https://peraichi.com/landing_pages/view/kaigyousupport

 

飲食店開業の『無担保・無保証人』の融資

そして今回の説明会のもう一つの目玉は、

飲食店開業のための「無担保・無保証人」の融資の紹介。

飲食店開の予定者が店舗開業融資を希望する場合、
我々は、融資パートナーと一緒にサポートしています。

そしてのそのパートナーが
「認定支援機関」という資格を持っています。

「認定支援機関」とは、
国が認定する公的な支援機関で、
金融機関、税理士、公認会計士、
弁護士などが認定されます。

そして、この認定支援機関に、
融資の申請手続きを依頼すると、

飲食店開業のための
「無担保・無保証人・低金利」 の融資が受けられ、

更には、店舗開業資金の「少ない自己資金」
でも融資が通りやすくなるのです
(各種の条件があります)。

認定支援機関の説明は、
説明会でも詳しくしますので、
ご興味のある方は起こしくださいね。

『少ないリスクで繁盛飲食店を開業する方法』説明会

https://peraichi.com/landing_pages/view/kaigyousupport

 

飲食店の開業も人への信頼関係が大切

そしてやはり、私がいつもやっている
飲食店開業個別相談会でも、この「開業のお金」の相談が
一番多いです。

中には全額手元の資金で対応する方もいますが、
8割の方は、日本政策金融公庫か銀行からの店舗開開業融資を利用します。

先日インターネットを調べていると、

「融資が下りない人の4つの失敗原因」
というのが出ていました。

その4つとは
1.信用情報の問題
2.マーケティング~「どうやって売るか」を考えていない
3.店舗開業の自己資金が少ない
4.店舗開業の事業計画書の「バランス」が悪い

先の4つの失敗原因のうち、マーケティングと
事業計画の作り方、そして、少ない自己資金に関しては、
認定支援機関であるパートナーとサポートができます。

けれども、信用情報の項目は、
まずは本人がしっかり対応することが基本になります。

日頃からクレジットカードや公共料金の支払を
きちんとやっていない人が、

「借入金だけはきちんと返しますから、
貸してくれ」

と言っても銀行からは信用してもらえません。

「どうやって、飲食店で稼いでいくのか」
「どんな飲食店開業の事業計画を作るか」
については、フォローできます。

しかし、
「日常の支払を期限通りにしないことがある」
「カードの引き落としができない時がある」
「携帯電話料金の支払いを遅滞している」

といった行動は、独立起業して飲食店を開くため、
いや、それ以前の信用を築くためにも常に求められる行動なのです。

飲食店の開業は一日にしてならずです。

※今回募集の補助金の説明会は、回数限定で開催します。
ご興味のある方は、是非とも時間を作ってくださいね!

 

『少ないリスクで繁盛飲食店を開業する方法』説明会

https://peraichi.com/landing_pages/view/kaigyousupport

ramen-melma-bana670