暑い・・・。

皆さん、お身体は大丈夫でしょうか?

 

先日、3日間だけ長野に行ってきました。

気温は高いのでしょうけど、木陰に入れば汗をかくこともなく快適。

長野の人を羨ましく思いました。

 

そして、長野のあるお蕎麦屋さん入ったのですが、

そこがずっと行列

 

どうも、地元の人だけではなく、

評判を聞きつけた遠くの人も来ているようでした。

 

そして、(忙しいだろうに…)店員さんに色々と尋ねると、

 

「昔はここまで流行ってはいなかったんですが、

いつの間にかお客さんが増えてきて、今ではおかげさまで

毎日こんな状態です・・・」

 

 

美味しいお蕎麦を食べながら、そんな話を聞いて考えた

今日のお話です。

 

それは、

 

目次

『ラーメン屋の売上を2倍にする方法』

 

これ聞いて、

 

「そんなことできる訳ないだろー!」

 

と思いましたか?

 

はい。

できないと思えば、その時点でもうできないです。

 

でも、

「どうすればできるんだろう?」

「具体的なやり方は?」

 

と考えれば、その時点から、

その道も開ける可能性がある。

 

要は、自分の考え方ひとつで、いかようにもなる。

 

これがラーメン屋開業の醍醐味です。

今日は、そんな類のお話です。

 

ラーメン屋は「水もの」商売?

 

ラーメン屋の日々の売上は、偶然で成り立っている訳ではありません。

 

実は、店の売上には方程式が存在しています。

 

つまり、その方程式を理解し、

そこにしっかりと対策を講じてゆけば、

おのずと、店の売上は上がって行くのです。

 

そして、ラーメン屋を開業している多くの人が、

それを意識せずに日々店を開けているのも現実。

 

で、日々、「今日は、お客さん来るかな~」

と『待ち』の商売を続けているのです。

 

ラーメン屋の営業は『待ち』の要素が大きい

 

●近隣の住人や事業所勤めの人が、お店に来たり、来なかったり。
●店の前を通った人や車が、お店に来たり、来なかったり。
●どこかで評判やウワサを耳にした人が、お店に来たり、来なかったり。
●食べログ見た人が、お店に来たり、来なかったり。
●突然思い出してくれた人が、お店に来たり、来なかったり。

 

こう聞くと、「完全にお客さんを待っている状態でのラーメン屋営業」ですね(汗

 

これだから、ラーメン屋は「水もの商売」と言われるのです。

これは、計画を立てて商売をすることが出来ない、という意味です。

 

でも、それは違います。

 

ラーメン屋でも、しっかりと作り込めば、

マーケティングも機能するし、集客ファネルも構築して開業できる。

 

そして、お客さんの『来店動線』もこちらで設計可能でもあるのです。

 

そして、ここからは、はその前提条件にあたる「ラーメン屋の売上」のお話をします。

 

 

『ラーメン屋の売上の方程式』とは?

 

ラーメン屋の「売上」には方程式があります。

 

「売上」=客数×購買単価×回転率×リピート率

 

 

この「4つの要素」をそれぞれ上げてゆくことで、

ラーメン屋の「売上」は絶対的に上がります。

 

重要なので、もう一度言います。

 ラーメン屋の売上=

「客数」

「購買単価」

「回転率」

「リピート率」

 

この「4つの要素」をそれぞれ上げてゆくことで、

ラーメン屋の「売上」は絶対的に上がります。

 

「客数」→ 1日・1週間・1ヵ月の、どの時間帯の、どのセグメントのお客さんを、どうすれば増やすことが出来るのか、を考える。

 

「購買単価」→ 一品でも、100円でも多く買ってもらえるようにするには、更にどういう価値を提供する必要があるのか、を考える。

 

「回転率」→お客さんに満足を与えながら、どうのような商品構成・座席設計・提供方法・店内環境にすることが、最も回転率を向上させることが出来るのか、を考える。

 

「リピート率」→常連さん(2度来てくれたお客さんは「常連さん」です)の来店頻度を上げる努力をする。クーポン券やメルマガ発行やラインアットなど方法はいくつもありますが、それはすべて「手段」。手段ではなく、お客さんが「どういう気持ち・感情になれば、ウチの店への来店頻度を増やしてくれるのか?」をしっかりと考えることが大切。

 

 

そして更に言うと、

この「4つの要素」のひとつずつを前年比20%アップすることで、

なんとラーメン屋の売上は2倍になるのです。

 

客数(1.2)×購買単価(1.2)×回転率(1.2)×リピート率(1.2)=売上(2.07倍)

 

これが売上2倍の方程式です。

 

つまり簡単にいうと、1年かけて、その「4つの要素」の

ひとつずつを20%アップしてゆくだけなのです。

 

簡単ですね、
公式だけは、公式だけはね・・・(汗

 

でも、その「20%アップさせる」ことが

実際のラーメン屋の現場では大変。

 

 

次回は、その4つの要素の中の

ラーメン屋での「客数」を増やす考え方をお話します

 

一気にやろうとするから大変なんです。

 

ひとつずつを少しずつ、毎日続けることが

大切ですし、一番の成功への近道でもあります。

 

頑張っていきましょう!

 

矢田裕基

 

■youtube『飲食店開業チャンネル』でも、ラーメン屋開業の情報をお伝えしています。
日々、新しい情報も更新して行くのでチャンネル登録もしておいてくださいね!

https://www.youtube.com/channel/UC8yg16FSCTDZQC2X7g6sRbA?view_as=subscriber

ramen-melma-bana670